長崎追悼の日

 長崎でも、無辜の頭上で原爆がさく裂しました。

 その時、学徒動員として工場に派遣されていた僕の高校時代の担任の首藤忠良先生も被爆し、九死に一生を得ています。
 先生の生前にお話ししていただいたことを、ご紹介します。

「 昭和20年8月9日午前11時過ぎ(公式には11時02分と言われている。)は、軍需工場で製作機械の修理をしていた。
 当時、先生は五高の電気科の学生で、学徒動員で長崎市内の三菱の軍需工場に動員されており、動員された中学生や工員ら5名ばかりの班の指導者でしたが、被爆した時は、ちょうど製作機械の修理に班員全員と取り組んでいた時でした。
突然光が窓から工場の奥まで差し込み、5秒か、6秒後にはものすごい爆風が襲ってきたそうです。 この日空襲警報は特になく、先ほどの光の直前に警報がなったとのことでした。
 機械の陰に隠れて伏せていたのですが、その後顔を上げると天井がなく空が見え、壁も吹き飛び、一緒に働いていたものの何人かは爆風に飛ばされたとのことです。
 飛ばされた壁の向こうには燃え上がる街の風景が見えたのですが、すぐに地下にある工場に避難するように指示を受け、地下工場の奥にしばらくいたそうですが、それから地上に出、動員された五高生の寄宿舎に帰り、一晩中燃え上がる長崎の町をずっとみていたとのことです。
 尚、この日学徒動員の七高生は全滅したとの話です。
 翌日10日からは焼け野原の長崎市内の学校敷地などの避難場所などを回って、救助活動に動員されたそうです。 
 で15日敗戦の詔勅が出ると動員解除となり、長崎の救助のためか優先的に列車に乗ることが出来、引き上げていると汽車が性と止まり、その後豊肥線にどうにか乗れ、故郷の大野町まで帰るつもりが、竹田で止まり、翌日まで動かないとのことで、夜中歩いて帰ることにしたそうです。そして田舎の山道を歩て帰り、実家にたどり着いたのが真夜中で、時計が翌日に回っていたそうです。
 で、玄関でかえって来たことを伝えると、出てきたお母さんがびっくりして、何度も何度も先生を上から下まで眺めていたと。 いわゆる英霊の帰還ですね。
 実は、昭和17年帝都の明治神宮の試合の際に、突然肩を叩かれて振り向いたときに出会った際の海軍軍人となって爆撃機搭乗員だったお兄さん(マレー沖海戦やサンゴ海海戦、ラバウル戦にも参戦していたとのこと。僕がかつてニューギニアのポートモレスビーからラバウルに慰霊の旅に行ったことがあることを伝えると先生は喜ばれていました。)が、戦死をしており、先生が学徒動員で長崎にいることは知っていたのですが、特殊爆弾で長崎が全滅したとの話を聞いていたお母さんは、先生の戦死を覚悟していたそうです。 実は先生は、生きていたことを手紙に書いて出していたのですが、郵便は届いていなかったそうです。
 しかし、息子が帰ってきたことを知って、それからは手厚く迎え入れたそうです。
 先生は、帰宅後二日間40度の熱を出し(、これは放射能を浴びたときの急性症状らしいです。先生は栄養失調と言われてましたが。)生死の境をさまよわれ、その後ひと月余り床に伏したそうですが、その間お母さんは一生懸命滋養の付くものを食べさせようと苦労され、肉などを入手しては先生に食べさせていたそうです。
 その甲斐あって、先生の健康は回復し、やがて五高に復学して、高校の先生となって、僕らに縁を結んでくださったのですが、そのことなどはまたの機会に。
 ただ先生のお話では、お母さんはそのようなご苦労もあっては亡くなられたと話され、おおそうか、母親の愛情は、自分の命を投げ出し、ささげる差し違いの覚悟だなあと思うところがありました。」

 先生が早く亡くなられたので、未完の覚書ですが、あの時代と原爆の惨禍の一端はお示しできると思います。
 核兵器廃絶と戦争反対は、僕らの基軸です。  頑張りましょう。

 さて、昨日は、遺産分割の話し合いや、突然相談を受けた団体支配をめぐる難題に関しての内容証明の起案、顧問先にいちゃもんを付ける人対策検討で、疲れ果てました。
 で、帰宅すると、はーい、牛列伝古国府篇の開店でーすw

 勿論、タレも自作ですね。  僕の知る限り、多分大分市内では一番美味しいでしょう。 イチボ、ミスギ、ザブトン、ホルモンも絶品でした。  ナムルも息子の自作です。
 全く、大したものですw  いえ、今年95歳のお袋です。 よく食べるは、食べるは。  さすが、戦中、戦後を生き抜いた人は強い!   ねw

 で、疲れて早く寝て、朝必ず日の出をとるべく、4時には起きましたw
 では一連の画像をw

 綺麗でしたよw

 夕方散歩は、夕立を警戒して、傘持参で出発です。

 花は、今は端境期ですね。 あまり多くありません。

 はーい、結局雨は降りませんでした。  喫煙ポイントで、一服ですw

 さあ、明日は、あ、明日も休みや。   万歳!   ではではまた明日ねw