大興奮、大感涙、など

 ぽん太のIご主人や、損保の担当者M(もう三回見に行ったとかW)が強く推薦する映画「ボヘミアンラプソディー」を見てきました。
 成程、最後のチャリティーコンサート「ライブエイド」の20分余りのシーンは、泣けて泣けて。嗚咽が出るのを必死で我慢しました。

 クイーンの映画ですね。
クイーンは、高校生の息子のバスケットの試合を観戦に行くと、ティームの応援に控えの選手たちが二拍の足拍子と一拍の手拍子をして何やらwillとか、rock youとか、歌っているのに、すごく興味を持って、あれは何だと聞くと、「クイーン」だと教えてもらったのがきっかけで知るようになったのですが。
 で、この「We will We will rock you」が、中世の騎士物語の映画の中で、馬上試合のシーンで観客たちが踊って歌たわれたり、「ザ.グレイテストショーマン」の最初のシーンで、観客席を後ろから映像にしているのですが、その時の観客の足拍子が、やはりこの歌をすぐに連想させたりして、クイーンの影響凄いなと思っていたのですが、このボヘミアンラプソオディーは圧巻でした。
 まだまだ上演されているはずで、皆さん、是非是非。   絶対泣くよw

 はーい、土曜日はこれで泣きに泣いて、気分高揚の中、一度今回に出席。
 みんなにこの映画を勧めまくりましたwww

 さて、お開きになった後は、そう、安西先生がやはり飲み会に出ているとのことでしたので、いちこんに出ていた、お師匠さんとも相談の上、彦八に集合しました。 臨時土三会の開催ですね。
 先ずは、お師匠さんが、お土産のパンを買い、彦八にGOですw

 もちろんここでもボヘミアンラプソディーの勧めまくりw

 と、皆さんにご迷惑をかけながらの感動の週末でしたよw

 はい、今朝パン買いのお使いに行っていたとき、古国府公民館の駐車場では子供たちの餅つき大会が。
 師走ですねえw

 では皆さん、一年の終わりです。  体調管理にお気をつけて、またね。

投稿者: mitsui

福岡県久留米市生まれですが、一つのときから大分で育ち、ほぼ生粋の大分県人です。 家業が屋台のおでんやでしたので、おでんの産湯で育ったとお想い下さい。小学生の頃の夢をかなえた幸せ者ですが、その分夢現の境無く事件に追われまくっている毎日です。 それでも、被害者支援をライフワークとして最晩年を過ごせる喜びはまた深いですよ。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください