巷も僕の心にも連休終了

 巷と自分の心を対比しています。
 お、あの詩ですね。
「 巷に雨の降るごとく

    わが心にも雨が降る。

    かくも心ににじみいる。

    このかなしみはなにやらん?

    やるせなき心のために

    おお、雨の歌よ!

    やさしき雨の響きは

    地上にも屋上にも

    

    消えも入りなん 心の奥に

    ゆえなきに雨は流す。

    何事ぞ!裏切りもなきにあらずや?

    この喪そのゆえの知られず。

    

    ゆえしれぬかなしみぞ

    げにこよなくも堪えがたし

    恋もなく恨みもなきに。

    わが心かくもかなし。

    Il pleure dans mon couer.

ポール・ヴェルレーヌ   堀口大學訳」

   はーい、年末年始の場合は、休み明けでもリハビリを兼ねた新年互礼会や年始参りなどの準備期間がありますが、今回のアホ連休は、いきなり仕事ですから、うまく乗れるか、ちょっと心配です。

 まあ、その分、今日は弛緩していました。  昼寝も4時間もしたし。

 夕方散歩も行きましたw  朝もねw
 但し、この散歩は、夕立ち散歩に

 と、まあ、いろんな意味で明日からが緊張です。   が、何とかなるでしょうw   ではねw

投稿者: mitsui

福岡県久留米市生まれですが、一つのときから大分で育ち、ほぼ生粋の大分県人です。 家業が屋台のおでんやでしたので、おでんの産湯で育ったとお想い下さい。小学生の頃の夢をかなえた幸せ者ですが、その分夢現の境無く事件に追われまくっている毎日です。 それでも、被害者支援をライフワークとして最晩年を過ごせる喜びはまた深いですよ。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください