望みが叶う喜び  part2

 はい、あれから昼寝したのですが、寝すぎ!
 5時過ぎに慌てて夕方散歩です。

 心配して見送りしてくれるミコとカメ。  そう、カメの水槽を1時間以上かけて掃除しました。 疲れたね。 ポンプでバケツに思想の汚い水を入れて、重いバケツを持って、玄関の門扉前の側溝に流す作業は、中学時代、トキハデパートの前でしていたおでんやラーメンを中心とした屋台の水くみ作業を思い出させました。 トキハの大分銀行本店通用門前の水道のところまで行って、ブリキ製のバケツ2杯に水を一杯にいれ、屋台のタンクまで運んでいくあのきつさを。背中に背骨が食い込んでいく感じです。友情と興味深さで手伝ってくれたO君やH君、K君らが口をそろえて日ごろ僕が言っていることは、ほんとだって言っていたよね。で、その間、僕は何を考えていたか。  一方で、定規とコンパスだけで角野三等分ができるか、何故民主主義のルールとして多数決があるのか、憲法は基本的人権はすべての人が共有すべきと言うのに、何故天皇にはないのか、一つの憲法の中で矛盾することが書かれているのはおかしいではないか、等々考えに考えていたなあw   懐かしい思い出です。うん、この作業のきつさ、これが昼寝したい病の原因ですねw

 しかし、撮影はあまりしていません。  うーーん、何故か。  やはり観測史上初めての梅雨入り遅れの今年で、水が少なすぎて、草花が元気がないからですね。

 はーい、やはり眠たいので、今日はこれでお終い。
 どうぞ、今週もよろしくね。  また!

投稿者: mitsui

福岡県久留米市生まれですが、一つのときから大分で育ち、ほぼ生粋の大分県人です。 家業が屋台のおでんやでしたので、おでんの産湯で育ったとお想い下さい。小学生の頃の夢をかなえた幸せ者ですが、その分夢現の境無く事件に追われまくっている毎日です。 それでも、被害者支援をライフワークとして最晩年を過ごせる喜びはまた深いですよ。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください