新しい日々

 ほう、七夕の日曜日か。
 そうそう、もと上野丘中学校区に住んでいたものとしては、大分市内の夏祭りの嚆矢としての長浜神社の大祭の最終日ですね。
 しかし、学校は、きっちり期末試験の日程と重ねて、中学生にお祭りに行かせようとしません。  「お祭りは、小学生に任せて、お前らは勉強しろ!」とは先生方のご発言。
 でも僕は、ところてんを食べ、射的は断固していましたがw
 
 はい、子供らが小さいころは連れていきましたが。  そう言えば、子供の一人がトイレに行きたいと言い、ある店舗のトイレに連れていくと、汲み取り式で様式便所ではなく、できないと言って泣くので、抱きかかえてさせたことを、この記事を書いている今思い出したw  そんな思い出の集約場所が、お祭りですね。

 で、最近はとんと行きません。 もう10年はいっていないよw  だって、孫いないもん(泣)

 で、「雨の長浜さま」と言われるほど雨に縁があるお祭りですので、一句。
「夕立前 年々遠くなる 祭り囃子かな」

 うーーん、季語が重なっています。失格w

 で、今日の夕立ち散歩は、次の通り。

孫ではなくて愛犬がお見送りw

 成果は少ないね。

 はい、昨日の元町踏切付近のカンナをお届けしましょうw

 はい、読書は順調です。
今はこれです。

 いわゆる生産力思想ですね。  読了したら少し感想文を書きましょう。
 翻訳者が、徳川直系の方で、確か静岡で立憲民主党から立候補されています。

 で、この後は、今注目の「れいわ新選組」の参議院候補、安富歩先生の先ずこの本から読みます。

 ね、楽しみです。
しかし、7月から8月にかけては結構大変な事件の証拠調べがあって、なかなか落ち着きませんが。
うーーん、それが僕の人生。  仕方がない。

はーい、昨日は月に一回の高校時代の集まり、一土こん会でした。
少ない予想が外れて、楽しい飲み会でしたよ。


 1部上場会社の役員を6月に終え、大分に帰ってきたN君、ご苦労様でした。


 会長も元気です。

 と言うことで、今週もよろしくねw

投稿者: mitsui

福岡県久留米市生まれですが、一つのときから大分で育ち、ほぼ生粋の大分県人です。 家業が屋台のおでんやでしたので、おでんの産湯で育ったとお想い下さい。小学生の頃の夢をかなえた幸せ者ですが、その分夢現の境無く事件に追われまくっている毎日です。 それでも、被害者支援をライフワークとして最晩年を過ごせる喜びはまた深いですよ。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください