年末の過ごし方

 端的に言えば、男は無責任で、ただ邪魔にならないこと、これを心がけます。
 お利口さんやなあw

 はーい、先ず毎年恒例の佐伯での顧問先の忘年会から。
 今年は、街中の割烹料理屋で開催でした。
 その街中の頑張っている姿は、イルミネーションで先ず発揮されています。

 昔の依頼者の回転焼き屋さんや、お寺も健在でした。

 さて、会場受付で番号が書かれたくじを渡されるのですが、これまた恒例で、いろんな商品がスタッフの引く数字と一致するともらえるお楽しみがあります。  約100名の中で良いものは自転車、電子レンジなどなど。僕も、「三井」賞と「嘉雄」賞で、鉢植えを商品提供しています。 各5000円程度ねw  今年の一等賞は、健康チェアーです。

 さて、僕は、、、、、、、、、、、w
最後にこれがw

 なんか、一生分の運を使い果たしたのかも!

 二次会は、社長ご夫婦と佐伯の美味しい居酒屋で、美味しい魚を食べました。満ち足りたなあw

 ホテルの横のお宮もなかなか風情があり、佐伯を堪能しました。

 窓からは城山が見えます。

  はーい、これが今年最後の僕の仕事でした。 ご苦労様w

 ふむ。  休日には、愛犬ミコが僕をかまってくれます。

 夕方散歩も、気合が入りますね。

 さて、今日は、「寅さん」を見に行きました。
 山田洋次監督は、あまり好きではなかったのですが、やはり上手いw  僕ら世代は、何度となく寅さんを見ていますが、見ている数が多ければ多いほど、その時代、その時代を思い出す仕掛けが満載です。   ネタバレになりますから、これ以上はね。  

 大学時代の親友、兵庫県加古川のHと見たよな。  あいつ、早死にしやがって。  

 と言うことで、泣きに泣きましたw   いいなあw  「 困った事があったら風に向かって俺の名前を呼びな 、そしたら伯父さんはどこからでも飛んできてやるから」     うわー、涙が、、、、、、、、。50以上の方には、お薦めですよ。

 さて、年末に読む本の第一号はこれです。

 内田先生の明晰なイスラムの案内で、なんか僕も賢くなれるような、、、、訳はない。
 何にしても面白いw  皆さんは、何を読んでいますか?

 と言うことで、順調に今年もすぎていきます。  皆さんもねw

投稿者: mitsui

福岡県久留米市生まれですが、一つのときから大分で育ち、ほぼ生粋の大分県人です。 家業が屋台のおでんやでしたので、おでんの産湯で育ったとお想い下さい。小学生の頃の夢をかなえた幸せ者ですが、その分夢現の境無く事件に追われまくっている毎日です。 それでも、被害者支援をライフワークとして最晩年を過ごせる喜びはまた深いですよ。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください