Sprinng is here。

 春が来ています。
 画像で証明します。
 先ずは、昨日から。

 しかし、他人の土地に入って、このベンチに座っていいのかなあ。
 もともとこの土地は、古国府のバイパスができる時、端切れのように残った農地で、お爺さんが片隅に花を植えていました。もう10年くらい前まではね。 それが、お見掛けしないようになって、去年更地になって、花壇を誰かが作りました。 そして、先日手製のベンチが二つ出来たのです。 でも、どうぞ、中でゆっくりご覧ください、などの掲示はありません。 で、建物に附設していませんので住居侵入罪にはなりません。でも、取り立てて囲いと出入りのドアなどはありませんが、田畑となると軽犯罪法違反になる可能性がありますからね。 

 で、今朝はこうです。


 枇杷の赤ちゃんもねw

 で、今日の夕方はこうです。

 ね、春はもう来ていますよね。

 で、今日夕方には、薄明光線(光芒、天使の梯子)が、なかなか神秘的でした。


 やはり、あの雲の向こうに、偉大なitがいると思いますよね。

 例えば、薬師堂の薬師さまのこのお姿を見て、どのような物語を紡ぎますか。

 「薬師様は、衆生の苦悩を引き受け、その象徴としてご自分の右ほほを削って鬼どもに与え、衆生をすくいました」、とさw

 先日読み終えた論理学の本は、まあ、何と、面白くありませんでした。

 日本語が論理的かどうかなんて、中学生が悩むような、しょうもないことに引っかかった僕がバカなのです。 基本的に展開されている論理は、高校数学の集合論で解ける問題で、何ともはや。 こちとらは哲学には、分析哲学から入っているんだぜ。 何等の定義もなく、「本質」なんて言う言葉をキーワードとして使う時点で、時間がもったいないとして、読むのをやめればよかったのですが、何といってもすでに買った本だからw

 で、今はさらに、時間の無駄本を読んでいます。 まあ、睡眠導入剤代わりですからね。

 断定し過ぎなのです、要するに。 何かなあ、こんな言説が評価されるのか。 確かに発想を学ぶにはいいけど、くれぐれも、書いていることを絶対真理のように他人に話さないでね。  はい、買った僕は、世の中の思潮を知りたくて、、、w 思想を善と考えている者の悲哀です、ちょっと屈折していますね。

 では、今週も頑張りまーす。  皆さんもねwww

投稿者: mitsui

福岡県久留米市生まれですが、一つのときから大分で育ち、ほぼ生粋の大分県人です。 家業が屋台のおでんやでしたので、おでんの産湯で育ったとお想い下さい。小学生の頃の夢をかなえた幸せ者ですが、その分夢現の境無く事件に追われまくっている毎日です。 それでも、被害者支援をライフワークとして最晩年を過ごせる喜びはまた深いですよ。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください