4.28の朝   巷でいう連休2日目    おまけは「ニッポニアニッポン」

 そうか、4月28日か。  良い子は、「ヨン、ニ、パー」と読んでねw
 その昔、1970年のこの日、僕が大学に行くとロックアウトしていて、仕方なく帰ろうとして、地下鉄丸ノ内線の新御茶ノ水駅に行くと、なにやら東京医科歯科大学の方が騒然としていたので、道路端の街灯と車道の間のわずかなスペースからその様子を見ていたら、機動隊員が通行の邪魔だと言ってきて、僕が、このスペースに立っている限り、交通の邪魔になっていないと言ったら、いきなり胸倉を捉まれてぶん投げられましたね。
 悔しくて頭にきて、じっと機動隊の列を睨んでいたら、そっと後ろから、ここで無駄に抗議しても白色テロにテロられるだけだから、我慢した方がいいよ、明治公園で集会があるらしいので、そちらを見に行ったらと年上の学生風の大人が言ってくれ、明治公園にいったなあ。
 あの日、赤軍派の旗が突然立てられて、マスコミのカメラやライトが公園の一角に集中し、同派の半公然デモ隊列が明治公園に登場したのを、この目で見ました。 公然デモはあれが最初で最後かな。  全員地下に潜ったはずです。

 森田童子が歌っている通りです。 「みんな夢でありました
バックに始め明治公園が出てきますね。
 うーーん、みんな夢でありました、かぁ。    森田童子も亡くなって。 「球根栽培の歌」と「孤立無線の唄」、「さよならぼくのともだち」も聞いちゃえ。そして、 何かしらん、黙とう!

 蛇足。  僕の心の琴線をたどると、中島みゆきの「世情」と「鷹の唄」も。

 はーい、今朝は久しぶりに土手散歩をしました。
 寒い感じの朝です。  気温8度だもの。

 今日は、午後映画に行ってきます。「ニッポニアニッポン」です。  監督は舞鶴一級下ですねw

 さて、旅行画像ですね。
 二日目、鞆の浦から。


この犬が可愛くてw
でも猫も歓迎してくれましたよw

 鞆の浦は瀬戸内海の海路の要衝でした。  なんでも東西の潮がぶつかるところで、その潮加減で船が行き来していたとのことです。
 はーい絶景でした。

 翌日最終日は、尾道観光です。  文学の小路とか言う羊頭狗肉の坂を上ったり下りたり。  疲れましたわw

先ずはロープウェイで頂上まで。
 それにしても、うるさい家族がいまして、音は切って下さいましw

 後は、まあ、こんな感じですね。

 木製の五百羅漢は珍しい。  後ろを向いている反抗期の羅漢様もおられます。

 はーい、花もきれいでした。  後は帰りに向かってGOですw


最後の部屋は、林芙美子のだったかなあ。

 はーい、お疲れさまw    ではでは、意味あるお休みをw

 先ほど、舞鶴の一年後輩が監督した映画を見てきました。

 原発反対を全面展開している分、分かりにくくアニメと実写を混在させたりしています。
 勇気は買うし、鋭い批評性は、「4,28」にぴったりですが、評価は分かれますね。
 僕は、評価します。  出口で監督に、「面白かったよ。」と言ったものの、「才能ありすぎ」と言ってしましました。
まあ、これで僕の評価は分かりますねw

 ではまたね。

投稿者: mitsui

福岡県久留米市生まれですが、一つのときから大分で育ち、ほぼ生粋の大分県人です。 家業が屋台のおでんやでしたので、おでんの産湯で育ったとお想い下さい。小学生の頃の夢をかなえた幸せ者ですが、その分夢現の境無く事件に追われまくっている毎日です。 それでも、被害者支援をライフワークとして最晩年を過ごせる喜びはまた深いですよ。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください