雨の日曜日  夕方篇

 今日は一日中降りましたが、さすがに雨が小ぶりか、止んだ時を見越して散歩を決行。
 しかし結局、傘を片手にの散歩で、靴はびっしょりになりましたw

 雨の中の花は、これぐらいしか。
 例のバラ園の花とその周囲の紫陽花が本格化しています。
 先ずは、家の花を一部紹介。

 案山子さんから頂いたアマリリスの白です。

差し芽で咲いた額紫陽花ですね。

ドクダミです。  僕はこの白い花が可憐で好きです。

 で、例のトレンディ―横のバラ園の薔薇と、本紫陽花をどうぞw

 はーい、と言うことです。

 ついでにDVDを借りてきました。
 法廷もので、何というか、非弁活動を堂々とするなどハチャメチャな面はあるのですが、弁護士に対する社会の意識が反映されており、面白い。  出演者が可愛い、高橋英樹もねw

 そういえば、昨日のいちこんで、大分県弁護士会の会議室に、先輩法曹が揮ごうした「有処不為」と言う額がある。 「能わざるに非ず、為さざるなり」、これは孟子の言葉で、やろうと思えばできるのだけど、敢えてしない、それが君子の道だという大意ですね。  まあ、武士はくわねど高楊枝、に通じる言葉です。  だって、大金を預かって、横領しようとすれば簡単にできるのですから。
 うむ、座右の銘です。
 あれ、最近の弁護修習でちゃんと伝えているのかなあ。

 まあ、そんなこんなpart2ですw

 では、所さんの「ポツンと一軒家」でも見ましょうか。

 あ、お師匠は順調に回復していますよ。
お見舞いに行ける人は、早く行ってねw

 ではではまたね。

 

投稿者: mitsui

福岡県久留米市生まれですが、一つのときから大分で育ち、ほぼ生粋の大分県人です。 家業が屋台のおでんやでしたので、おでんの産湯で育ったとお想い下さい。小学生の頃の夢をかなえた幸せ者ですが、その分夢現の境無く事件に追われまくっている毎日です。 それでも、被害者支援をライフワークとして最晩年を過ごせる喜びはまた深いですよ。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください