意味のある一日を過ごすこと

 被害者支援センターの理事をされ、センターを守り支え続けて下ったIさんがお亡くなりになった。
 悲しい。  悲しい。

 昨日昼、彼とのお別れの会が、大分市内のホテルで開催されました。   元大分県警の刑事部長を歴任されたことから、警察関係者と、大分中央ロータリークラブのロータリアンであったことから、ロータリーの関係者が主体でした。

 献杯の辞を僕がすることとなり、その原稿は次の通りです。

「ロータリをはじめとして、大分被害者支援センターの活動を故人と一緒にした三井です。
 故人は、犯罪被害者の救い難い深い悲しみに寄り添い続け、被害者を決して一人にしないという被害者支援の志の下、センターの理事をされ、また、中央ロータリでは被害者支援センターサポート委員会の委員長を委員会立ち上げ以降一貫してされ、センターを、僕らを、物心両面で断固として支え続けてくれました。
今さらながら、心から感謝申し上げます。
この場をお借りして。
 本当にありがとうございました。

 岩男さん、病気の進行は予想外に早く、つらく、大変でしたね。
 どうか、すこしお休みください。
 そして、その後は、これまでと同様、センターの行く末を見守って下さい。
正に、荒波から立ち向かう巌となって、僕らをお守りください。
 僕らは、心の中に生き続けるあなたの姿に励まされながら、この道を歩いていきます。
 そのことを、この場で誓います。

 それでは、これより献杯をさせていただきます。  ご唱和ください。
 
 献杯。」

 うん、合掌。

 さて、夜は大学の同窓会。  久しぶりに参加しました。

 で、二次会は、一人二次会です。  で、その店は。  言わずと知れた都町で一番鶏肉の美味しい「ぽん太」です。
 すると、顧問先のS会長がおり、いやあ、一緒に飲んだ、飲んだw

 楽しかったw

 で、今日の朝は当然のように爆沈。
 夕方散歩に行ってきました。
ただ雨が降りそうで、なんかあわただしい散歩でしたがw

 で、結局はこうですw

 さて、夕方は午後5時半過ぎ。  煙草をくゆらしながら、「うん?  今日、意味ある一日を僕は過ごしたのか?」
厳しい自問自答が始まります。

 こんな問題の立て方は、そう、この映画を見たからですねw

 シャーリ―マックレーンが、ラジオのDJとして語る言葉が、これですね。

「Don’t Have a nice day.
Have a day that’s true.
Have a day that means something.

良い一日を過ごさないで。
本物の一日を過ごして。
意味のある一日を過ごして。」

 うん、心しましょう。  人生は想像を絶するほど短いのですから。

 ではまたw

 

投稿者: mitsui

福岡県久留米市生まれですが、一つのときから大分で育ち、ほぼ生粋の大分県人です。 家業が屋台のおでんやでしたので、おでんの産湯で育ったとお想い下さい。小学生の頃の夢をかなえた幸せ者ですが、その分夢現の境無く事件に追われまくっている毎日です。 それでも、被害者支援をライフワークとして最晩年を過ごせる喜びはまた深いですよ。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください