充実した日

 先週の土曜日
、大阪に行ってきましたw
 司法研修所卒40周年の記念会に出席するためです。

 僕のクラスは8組で50名編成でしたが、検事任官者は4名、裁判官は9名程度、後は優秀なものもそうでないものも皆弁護士でしたか。
 で、今回8組出席者は、元裁判官現公証人1名、残りは全員弁護士の16名です。

 検事任官者は、例の小沢さんの陸山会事件や、日産ゴーン事件で名前の出た大分出身の大鶴元東京地検特捜部部長も来なかったなあ。   僕からいろいろ言われるのを避けたのかなw ウソウソw

 受験時代からのつきあいでかれこれ45年あまり交友している東京のO弁護士等とも再会でき楽しかったですよ。
 先ずはクラスのY元裁判官やT弁護士と共にw

 受験団体真法会の助手仲間では、右端が一番親交の深い東京のO弁護士、真ん中白いスーツの彼女は、現在名古屋高裁の長官をしているwさん、ちょっと陰になっている人が元検事総長の息子さんのF弁護士、左端が元検事で新潟で活躍するK弁護士です。

 高裁長官は、天皇から直に皇居で認証される認証官ですね。
 彼女に、現在の大分も例外でない訴訟事件数の大激減、40年前の40パーセント足らずとなっている現状を話してみました。
 弁護士の数は40年前の3倍以上に増え、弁護士の数が増えれば事件が増えると昔は言われていたのですから、驚きなのですね。
 すると、彼女は、日本社会自体の縮み、人口現象や経済の衰退の反映かもしれないと答えていた。
 さすが、長官だけあります。  普通の法曹はなーーーにも考えていないものw

 はーい、クラスの北陸福井の雄のK弁護士と楽しく最後までつきあってもらいました。

 はい、女性の方が活躍していますかね。

 優しい彼女ですが、正義に反することに対してはまさに鬼検事で、あの江夏投手を刑務所にたたき込んだのは彼女ですw
 優秀で司法研修所の検察教官の筆頭になられ、定年退官後は、大学院大学の教授をされています。   そうか、任官者は、特別の地位に就かれた方を別とすれば、定年を過ぎているんや。

 早いねえ、40年の歳月は過ごいねw

 次回は、5年後。  何人またこれるやら。  皆、自嘲気味に言いながら、再会を誓い合いましたとさw     みんな、またいつか、どこかでね。

で、たばこを吸ってw

 はーい、会場となり、宿泊したホテルは大阪城の近くで、窓からは、中学の修学旅行以来の本物がw

 気持ちよく泊まれました。

 大阪の印象は、再開発で面目一新、駅も街も変貌をしていました。
 でも真っ先に驚いたのは、この光景です。

 何に驚いたって、ほらエスカレーターにたっているいる人が、、、w   一応知ってはいたけどねw

 はーい、さんざん楽しめた大阪一泊旅行でした。  疲れたけどw
 山本太郎の本も読めたし。  彼はほんとにいいねw

 ではでは皆さん、またまたねw

 おっと、先週金曜日の夕焼けは息が詰まる程見事でしたねw  凄かった。

 ではねw

投稿者: mitsui

福岡県久留米市生まれですが、一つのときから大分で育ち、ほぼ生粋の大分県人です。 家業が屋台のおでんやでしたので、おでんの産湯で育ったとお想い下さい。小学生の頃の夢をかなえた幸せ者ですが、その分夢現の境無く事件に追われまくっている毎日です。 それでも、被害者支援をライフワークとして最晩年を過ごせる喜びはまた深いですよ。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください