9月ももうどっぷり

 ほんとに歳月の歩みは早すぎます。

 この柴の老犬を散歩に連れて行っている青年は、その昔小学生で元気よく若い柴犬を連れて大分川の土手に来ていました。
 あれから幾星霜。  犬は老い、そして僕は、、、、、w

 ええーい。
今朝の散歩中、横断報道を青色表示で歩いていたら、後方から右折してきた軽自動車が、1メートルほど先を通過!
このやろうと思ってみると、運転席に座っていたのは野郎ではなく、絵にかいたような中年女でした。  驚いたね。
はい、一応「運がなんて良いんだ」と思っていますw

 先週土曜日は、いちこんでした。
 なんか、僕はカチンと来てみんなに迷惑をかけたような、、、、、。
 やはり、日本酒は、いけません。 基地外水です(泣)  用心せんと!

 はーい、昨日は舞鶴高校の先輩にして、以前の主治医。 県医師会の会長等を歴任された島津先生の葬儀に参列しました。

 先生、お疲れさまでした。  ゆっくりお休みください。

 うーん、歳月は、喜びとともに悲しみももたらしますね。
 それでも、今日と言う日をとぼとぼ歩き続けます。

 それが、宿命だから、ねw

 ではまたまた、またねw

投稿者: mitsui

福岡県久留米市生まれですが、一つのときから大分で育ち、ほぼ生粋の大分県人です。 家業が屋台のおでんやでしたので、おでんの産湯で育ったとお想い下さい。小学生の頃の夢をかなえた幸せ者ですが、その分夢現の境無く事件に追われまくっている毎日です。 それでも、被害者支援をライフワークとして最晩年を過ごせる喜びはまた深いですよ。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください