ここは亜熱帯か!

 暑い、蒸し暑い。
 以前海運会社関係で、シンガポールに何度か行きましたが、かの地のウエットシーズンみたいですね。
 こんなに暑い日の夜は、「赤坂」へw

 
 こんな時は、今日の花でも見ましょうw

 一昨日、金曜日は、舞鶴時代の同級生と飲みました。 互いの健康を祈りつつ、会える時の一秒一秒を大切にね。 え、勿論場所はぽん太です。

 はーい、今日は散髪も行ったし、昼寝もたっぷりして、今週も気持ち良く過ごせます。
あ、そうか。読書がいまいちですね。

 取りあえず先週読了したこの本で、一言。

 作者は、例のロビンソンクルーソーを書いたダニエル・デフォーです。 1665年のロンドンペスト禍を描いていますね。 それにしても、明晰にして公平な論述は素晴らしいです。  とにかく富裕層はいち早くロンドンを出て、ペストを免れます。  しかし、だからと言って彼らは自分だけ良ければいいと言うわけではなく、多額の寄付をして、その務めを果たします。 おかげで逃げ出せない貧民に餓死者は出なかったとのこと。 この辺がすごいよね。 高貴なるものの責任(ノブレス・オブリージュ(仏: noblesse oblige フランス語: [nɔblɛs ɔbliʒ])とは、直訳すると「高貴さは(義務を)強制する」を意味し、一般的に財産、権力、社会的地位の保持には義務が伴うことを指す。)ですか。  それにしても人の心の動き、思慮の足りなさなどが、コロナ世の現在とあまりにも似ているので、進歩のなさに愕然とします。えらいこっちゃ、ネ。

 はーい、なんか中途半端ですが、眠くなったのでこの辺で。  皆さん今週もよろしくねw

投稿者: mitsui

福岡県久留米市生まれですが、一つのときから大分で育ち、ほぼ生粋の大分県人です。 家業が屋台のおでんやでしたので、おでんの産湯で育ったとお想い下さい。小学生の頃の夢をかなえた幸せ者ですが、その分夢現の境無く事件に追われまくっている毎日です。 それでも、被害者支援をライフワークとして最晩年を過ごせる喜びはまた深いですよ。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください